60おじさん!日記

BAI式ブログサービス
  << January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新春の良い話!
今朝の読売新聞社会面トップにカラー写真で、バイクにまつわる、心打たれる良い話が掲載されている。

あの阪神大震災で亡くなった神大生の息子の形見として残った、真っ赤なホンダGBクラブマンで、かつて息子が走った北の大地に65歳の父が今夏に出かけると言う話です。

父親の長尾邦明さんは四国の高松市在住だが、ナンバーは神戸市のままにしてある、私と同年齢の父親の心境をうかがうと、目頭に熱いものが噴出してきた。

震災後奇跡的に助かったバイクも、その後長期不動にしていたので、不安が有るそうだが整備の事なら近ければ何とか協力出来るのにと思う次第である。

バイク好きにとって、こんな良い話を、大きく詳しく取り上げてくれた読売に感謝します。

2008.01.15読売朝刊


| 60おじさん! | オールモーターサイクル | 12:24 | comments(8) | - |

コメント
本当にいい話ですね。
オートバイはいうのは本当に素晴らしい乗り物だと思うしオートバイを愛する人たちも素晴らしい人たちだと思います。

ただ、私がもし何らかの理由で急に亡くなったら、家族はすぐに私の大切にしていたバイクやカメラ、レンズ、顕微鏡や望遠鏡、レコードプレーヤーやアンプ、スピーカー、工具類、それに辞書や図鑑・・・など殆どのガラクタ(家族にとっては本当にガラクタなのです)を恐らく業者に頼んで全てゴミとして処分した後、「ああ、スッキリした!」と言うに違いありません。考えただけでも悔しい。でも恐らくそれが現実ですし、家族にとってみればそれが当然の合理的な判断であると私も思います。
だから、事故に遭わないように十分注意するとともに健康にも留意してせいぜい長生きしてやろうと思います。
| RM250 | 2008/01/16 12:13 PM |

先日、どこかに書いてあったのこれですね。
最近は、風呂敷を広げすぎたので、どこで見たのか解らなくなりました。

ところで、この新聞記事を読めるように大きくするには、パソコンでどのようにするのでしょうか。
武雄物語の樋渡さんの新聞のリンクは大きくなり、記事が読めるようになります。
| rfuruya2 | 2008/01/20 9:31 AM |

rfuruya2さま
横からすみません。
樋渡さんのはおそらくスクラップとしてスキャナーでとっているでしょうし、画像サイズが大きいので拡大できますが、60おじさん!のはデジカメで撮影したものを縮小してりるのでスクラップとして読むには小さすぎると思います。掲載の意図が違うのだと思います。
ひょこむの60おじさん!のブログでの投稿にコメントされたkjさん?がこの記事のリンクを貼り付けてくれていますのでそこで読めますよ。

http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/shinsai13/si80115b.htm
http://hyocom.jp/blog/blog.php?key=33408
| RM250 | 2008/01/20 10:45 PM |

rfuruyasanへ返信しようと思っていたら、RM250さんが私の言うこと全て伝えてくれました、有難う御座います

色々方法があることは知っているんですが、操作が出来ないだけなんです?

今回同じ題材で、ひょこむのマイブログにもUPしました、ひょこむの多くの方がこちらをご存じないとおもいましたので、バイクネタはひょこむがメインになりますからね。
| 60おじさん! | 2008/01/21 12:36 AM |

エエ話ですね〜

じじいでよければ 一緒に走って行きたい気持ちです。
あの頃私も GB250に乗ってたんです。

でも夏の北の大地は 混雑して走り難いのに・・・
私 骨折のまま 10月に 走りましたがまるで アラスカ
か カナダ の奥地の様にすれ違う車も無く 爽快でした。
| 静じい | 2008/01/24 8:09 AM |

静爺さんバイクの大ベテランですので、出来るならそう願いたいものですね。

と言っても、連絡方法など判りませんし?
「ひょこむ」の方でもUPしてますので、ひょっとするかもしれませんよ?
| 60おじさん! | 2008/01/24 6:40 PM |

はじまして、愛媛でTRをしているがん野と申します。
 やおめさんのところから 遊びにきました 今後ともよろしくお願いします。

 心温まるお話を、読みまして感動しております。うちの父は今だにバイクは反対ですが 20年もTRをやり続けているんで あきれるより逆に 何事も続かない私を見ていたのにやりとうしている私を見て父はうれしそうです。それに、TRをとうしていろんなことを勉強させてもらい 家庭に仕事(TRも)にと充実した日々を遅らせてもらってます。
 
| がん野 | 2008/02/03 7:42 AM |

がん野さん有難う御座います。
やはり皆さんバイクが市民権を得るのに尽力されているのですね!

私が愛したトライアルで、親子の絆が出来たとは、これも良い話です、今後もトライアルに親しみ大事にして下さい。
| 60おじさん! | 2008/02/03 7:00 PM |

コメントする










RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS