60おじさん!日記

BAI式ブログサービス
  << December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ビンテージMX 「ON ANY SANDA」
 走ってきました!4/22 三木アネックスパークで開催されました「ON ANY SANDA」ビンテージモトクロス大会!
 ビンテージマシンが集まりました!多くの若い方がビンテージ大好きなのに驚きました。
 出ました!往年のチャンピオン荒井市次選手と、何十年ぶりかのバトルを再現できました、荒井様はとても70歳とは思えぬ、鋭い走りを披露されました。雨も少なく最高のサンダいやサンディでした。
 昭和10代生まれの二人が、若い人たちのインパクトに成った様で、何よりでした。
 企画運営をされた、関西オトキチクラブの皆さん、そして毎回出走で!大忙しの高下さん、お疲れ様でした。
 みなさんが、次回のイベントを待ってますよ!
  全員集合!
  YRSファミリー
  泥づまりで、フエンダーを取ったビクター
  力走の山本カワサキF21M
 
| 60おじさん! | オールモーターサイクル | 22:35 | comments(4) | - |

コメント
はじめまして、サニーデイ・レーシングというモトクロスチームをやっております山下と申します。
 先日のオン・エニー・サンダでの荒井さんとのバトル見させて頂き大変感動致しました。
 と、打っている今も鳥肌が立ちました(笑)
現在、うちのチームのメンバーが全日本でメカとして活躍しておりまして、その関係で若いライダーのサポートや、メカが担当しているライダーの応援なんかをやっているんですが、危険と隣り合わせの過酷なこのスポーツを続けている若いライダーに「目指せチャンピオン!」と言いながら、そのことに意味があるのか?無責任な事を言って盛り上げてるだけじゃないのか?と、やはり彼らが怪我なんかをした時は特に考えてしまいます。
 でも、先日のバトルを見て、やっぱり頂点を極めた人の姿は何かを訴えるものがあるなぁと実感させて頂きました。

 彼らが目指している「チャンピオン」という世界がどんなものかは分かりませんが、何かに夢中で挑戦し、勝ち得た時に人間として成長出来るならそれは価値がある事なんじゃないか?と思えるようになりました。そしてチャンピオンは通過点なんだとも。
若いライダーにその先の目標として、通過した者にしか伝えられない感動やドラマがある事を伝える事が必要なんじゃないか?そんな事を考えさせられました。
 ほんとうにありがとうございました。次回のサンダでも元気なお姿を楽しみにしております。失礼致しました。
| SDR ヤマシタ | 2007/04/25 2:04 AM |

 とても嬉しいコメント有難う御座います、読んでいて熱い物が滲んできました(涙)久しぶりにスッカット楽しんだ上に、そんな風にお役に立ったのであればとても幸せです!
 
 元クロスライダー冥利に尽きると言うもんです、この愉快な大会を私も精一杯応援し、何時までも続いていくように願い、また乗れるように努力いたします。
 
 昨年この大会を知らなかった事を、惜しんでいます!もっと多くの仲間を誘い、エンジョイしましょう。
 
| 60おじさん | 2007/04/25 11:47 PM |

お疲れ様でした!!
アップ速いっすでね〜 モトクロス並みに。笑
F21Mも喜んだと思います!!
(次回までに再整備しておきます。すいません)
基本的には1参加者が僕も希望ですが(いっぱい走る為に)
現在はそうも行かない状況なんで主催も頑張ります。
僕の思ってるヴィジョンには近づきつつあるこのイベントを
盛り上げる為に是非次回もご参加下さい。
次回はJ1M乗りますか?B8Mですか?考えておいて下さい〜


| オトキチ | 2007/04/26 1:53 AM |

ON ANY SANDAご参加ありがとうございました。誰??と言われたら寂しいので、自己紹介から^^ワタシは当日、立脇氏のマシンを展示したり、往年の山本氏の激走写真にサインをしていただいたり、古谷氏、荒井氏のご接待(!?)をさせていただいた貴島と申します。ON ANY SANDAは第一回を三田の柴田牧場でやろう!・・というときから参画してまいりました。もとRS TAICHIに勤務していた関係上、ワタシのような若輩でも山本様、古谷様、荒井様(順不同)などの重鎮の方々と会話していただいたのを光栄に思います。さて、今でこそ「ビンテージモトクロス」なる言葉が定着したものの、古いマシンなどゴミ扱いであった80年代、ワタシはひとり軽井沢のツインショックレースに参戦しておりました。それから10数年・・関西でもここまでのビンテージMXイベントができるようになったのも、故中西氏、高下君の尽力の賜物だと思っています。当初より元チャンピオンの方々の参加を心待ちにしていましたので、荒井氏、山本氏のご参加は夢のような出来事です。今後は古谷氏を含め、トークショウなどできればよいな・・などと考えております。今後とも関西MX界の生き証人として、ご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。
| ツインショッカー貴島 | 2007/04/30 1:40 AM |

コメントする










RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS